/

この記事は会員限定です

インドネシアの新興、中小企業向けに経費記録アプリ

[有料会員限定]

中小企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)需要が、インドネシアでも高まっている。デジタル帳簿アプリを手がけるスタートアップのBukuKasはこのほど、シリーズAラウンドで1000万㌦(約10億円)の資金調達を実施した。米セコイア・キャピタルのインド法人やクレジットカード大手クレディセゾンの投資事業子会社、セゾンキャピタルなどが引き受けた。

BukuKasはスマートフォンで手軽に売り上げや経費、現金取引な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スタートアップGlobe

中国の「36Kr」、シンガポールの「ディールストリートアジア」、米国の「CBインサイツ」という日本経済新聞社と協力する3媒体の情報を集めた新コーナーをつくりました。世界のスタートアップ企業やテクノロジー情報をまとめて読むことができます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン