/

百貨店5社の既存店売上高、18カ月ぶりにそろってプラス

3月速報値、2割以上増加

三越伊勢丹ホールディングスなど大手百貨店5社が1日発表した3月の売上高(既存店ベース、速報値)は全社が2割以上のプラスに転じた。5社の売上高がそろって前年を上回るのは18カ月ぶり。外出自粛要請を受けて臨時休業や時短営業を実施した昨年より回復し、業績の押し上げ要因になる。一方でコロナ影響がなかった19年3月と比べるとマイナスでなお厳しい状況が続く。

J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店が33・3%増、高島屋が28・9%増、三越伊勢丹が31・1%増、セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武が25・7%増、エイチ・ツー・オーリテイリングが32・7%増だった。

三越伊勢丹は宝飾品や貴金属が好調で、新宿店や日本橋店では7割増えた。富裕層の購買意欲は底堅く、卒業・入学のお祝いのプレゼントとして時計などを買う人が多かったという。大丸松坂屋も高級ブランドが8割増と大きく伸びた。

ただ、前年に営業時間の短縮や臨時休業を実施していた反動が影響した。一昨年比では三越伊勢丹が約2割減、そごう・西武が17%減となるなど厳しい状況が続いている。

免税売上高は大丸松坂屋が23%増、高島屋が31・8%増、三越伊勢丹が32%増だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン