/

この記事は会員限定です

ニチガス 集合住宅のガス契約書を電子化

[有料会員限定]

液化石油(LP)ガス販売大手の日本瓦斯(ニチガス)は2月から、集合住宅のオーナーとのガス供給契約など年間約12万件について契約書などを電子化した。従来は紙の書類を対面でやり取りしていたが、新型コロナウイルス禍で非接触での契約の要望があるほか、同社でも在宅勤務が広がっているため。年間で約6万時間の作業時間の短縮を見込む。ガス会社で全社的に契約書を電子化するのは初めてという。

日本通運傘下のワンビシアーカイブズ(東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り267文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン