/

日本IBM、クラウド技術の検証を後押し

日本IBMは1日、クラウド上のアプリケーションを仮想化する技術「コンテナ」の利用を拡大させる活動を4月1日から開始すると発表した。国内のシステム構築会社やソフト会社などを対象に、IBM製のコンテナ基盤システムを無償で提供する。ソフト会社などは、自社のソフト製品をコンテナ対応に修正する際の検証用にIBMの基盤システムを利用できる。日本IBMは自社のコンテナ基盤システムで動作するソフトを増やし、ビジネスの拡大につなげたい考えだ。

日本IBMはコンテナについての技術アドバイスも実施する。参加企業を集めたコミュニティーでは、コンテナ技術についての勉強会などを開催する。これらの活動を通じてコンテナ対応を実施した、参加企業のソフト製品を日本IBMのウェブサイトで紹介する予定だ。(矢口竜太郎)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン