/

この記事は会員限定です

ミャンマー「最後の成長市場」暗雲 中国への傾斜懸念

(更新) [有料会員限定]

ミャンマーの軍政への回帰は、同国への進出を加速してきた日本企業にとって海外投資の転機になりそうだ。欧米などの経済制裁が復活すれば、高い経済成長が見込める東南アジアでの貴重な投資機会を失うだけでなく同地域が中国への経済依存を強めることにもなりかねない。

2012年、アウン・サン・スー・チー氏が下院議員に当選して国政に参画すると、米コカ・コーラなどのグローバル企業が進出を再開。外国投資がけん引する経済...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り980文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン