/

この記事は会員限定です

ヤマトや新興物流、荷物の受け取り多様な場所で

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言下で、宅配大手と物流スタートアップが荷物の受取サービスを打ち出している。ヤマト運輸は宅配便の受取店舗を拡大している。物流スタートアップのCBcloud(CBクラウド、東京・千代田)はクリーニング大手と提携して自宅での受取サービスを開始した。ユーザーの利便性を向上させ、新規顧客を開拓する。

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸は電子商取引(EC)サイトで購入した荷物を全国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り848文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン