/

この記事は会員限定です

JVCケンウッド、米無線システム会社譲渡 約50億円で

[有料会員限定]

JVCケンウッドは1日、空港の無線システムを販売する米ジートロンを譲渡すると発表した。譲渡先は無線機器を手掛けるオーストラリアのコーダン社で、譲渡額は約50億円。不採算事業を整理して、車載機器向けなどに資金を振り分ける。

ジートロンは、旧ケンウッドが2007年に約80億円で買収した。官公庁や空港で無線機が効率的に通信しあうシステム構築を手掛け、買収当初はケンウッドが扱う無線機器の販売チャネルの拡大が期待されていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン