/

この記事は会員限定です

賃金要求の組合は増加、JAMまとめ 21年労使交渉で

[有料会員限定]

中小メーカーの労働組合を中心に構成するJAMは1日、2021年の春季労使交渉の状況を発表した。定期昇給やベースアップ(ベア)など賃金関連の要求を提出した組合は全体の43%にあたる660単組だった。人手不足などを背景に20年(39%・590単組)を上回った。

2月25日時点の要求状況をまとめた。組合員300人未満の単組でのベアに相当する賃金改善の平均要求額は4354円と、大企業を含む全体の平均要求額...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り274文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン