/

ブルーエイジ、LIFULLと組み物件情報300万件へ

不動産仲介スタートアップのBluAge(ブルーエイジ、東京・中央)は不動産情報サービスのLIFULLと業務提携した。物件情報の掲載で連携し、利用者はブルーエイジのスマートフォンアプリ「カナリー」で300万件の賃貸物件の情報を探せるようになる。ブルーエイジの佐々木拓輝代表は「全国の物件をスマホで手軽に探しやすくなる」と話す。

スマートフォンで物件を探す若い世代の利用が増えているという

ブルーエイジのアプリは募集が終了した「おとり物件」を掲載していないことや、スマホでの探しやすさを重視した設計が特徴。これまでに60万件以上がダウンロードされているという。LIFULLが扱う物件が加わったことで掲載物件数は10倍以上に増えた。これまでは賃貸の取り扱いが中心だったが「3月ごろから売買物件も増やしたい」(佐々木氏)と意気込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン