/

リコー、22年度に立体映像装置発売 展示や商談向け

リコーは8日、前後左右や上下から複数人が一緒に見られる立体映像の投映装置を2022年度中にも発売すると発表した。光の投映機とスクリーンを組み合わせ、押して運べる円筒形の装置を売り出す。スマートグラスやヘッドセットなどを使わずに、人の頭程度の大きさの立体映像を見ることができる。21年3月中に展示やインテリアなどの分野で協業先の模索を始める。

装置の下から回転するスクリーンに光を投射し、光の残像を応用して立体映像を映す。直径20センチメートル、高さ25センチメートルの円筒形の3次元空間に、約3.7億画素分の立体映像をカラー表示させることができる。正面から見た場合、断面ではハイビジョン相当の画素が並ぶが、手前や奥にも画素が配置されるためより高画質に見える。

このほど「WARPE(ワープイー)」の名称でデジタルサイネージのブランドを立ち上げ、高さ1.4メートル、直径35センチメートルの装置を製作した。商品の形状が捉えやすく見栄えがする点を強みに店舗や展示会、インテリアへの導入を検討する。人物映像とスマートスピーカーなどを組み合わせた接客システムなどへの応用も見込む。業務向けでも、工場生産や医療、教育の現場で遠隔の拠点と3次元情報をやりとりする用途などを探る。価格などは今後詰める。

ワープイーはリコーの社内起業プログラムに参加するチームの1つが開発した。光学や電子工学、ソフトウエアなど社内の技術者らが知見を持ち寄り、1年半ほどかけて実機を作り上げた。(橋本剛志)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン