/

この記事は会員限定です

ソフトバンク宮川新社長 200億円分の自社株取得

[有料会員限定]

ソフトバンクは1日、同日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に就任した宮川潤一氏が個人として200億円規模の自社株を取得すると発表した。同社の融資を受けて2日から順次、市場で買い付ける。宮川氏によるソフトバンク株の保有割合は0・01%から0・3%程度に高まる見通しだ。

同社によると「経営陣がこの規模のソフトバンク株式を個人で取得する例は初めて」(広報)という。宮川氏は個人取得の理由について「事業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン