/

この記事は会員限定です

倒産、2021年は増加か 手厚い融資姿勢は転機に

企業信用調査マンの目

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

帝国データバンク調べで2020年の倒産件数は7809件だった。対象は負債1000万円以上の法的手続きによる倒産だ。00年以降で2番目に少なく、特に新型コロナウイルスの国内感染が広がってから減少傾向が顕著になった。

一般的に景気が悪くなると倒産が増えると考えられ、現にリーマン・ショック後の09年は倒産が1万3306件発生、00年以降のピークとなっている。また、バブルが崩壊した1991年には倒産が90年比65%増、92年も32%増えて2年続けて大幅な増加となった。バブル景気で減少していた倒産件数が一気に膨らんだ格好だった。

景況感は大幅に低下

今回、新型コロナの感染拡大で世界的に景気が急速に悪化し、日本経済も大きな悪影響を受けた。当社の景気動向調査で20年3~4月の2カ月、景気DIは過去最大の落ち込みで5月には25.2まで悪化した。リーマン・ショック当時の09年1月調査が19.3だったので、それに次ぐような低水準だ。

しかし、20年は景況感の大幅な低下と倒産件数の減少という相関しない状態となった。その背景には、新型コロナ対策としての各種給付金や実質無利子・無担保融資といった緊急融資、納税猶予など様々な支援策が倒産を抑え込んだからと言って良いだろう。

月次の倒産件数を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2090文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン