/

ANAHD、旅行子会社が資本金1億円に減資 税負担軽減

ANAセールスは旅行事業を別会社に移管。事業規模の縮小に伴い、資本金を減らす

ANAホールディングス(HD)傘下で旅行事業や航空券の営業を手掛けるANAセールス(東京・中央)は資本金を9億円減らし1億円とすることを決めたと発表した。ANAセールスは旅行事業を4月にANAHD傘下の別会社に移管する予定。事業規模の縮小に伴い資本金を減らす。減資により税制上中小企業とみなされるため税負担が軽くなる効果もある。

減資は2021年1月12日の株主総会で決議済みで3月31日に実施される予定。ANAHDは事業構造改革の一環として、ANAセールスの旅行事業を4月1日付けでマイレージの運営などを担うANA X(東京・港)に移管することを決めている。航空券やマイレージプログラムの利用で得られた顧客データを旅行商品のネット販売に生かすなどで、旅行事業を強化する狙い。

ANAセールスは事業分割に合わせて減資を実施するとともに、社名も4月1日付けで「ANAあきんど」に変更する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン