/

百貨店大手5社、2月1割減収

大手百貨店5社が1日発表した2月の売上高(既存店ベース、速報値)は、全社で前年同月を約1割下回った。緊急事態宣言発令による営業時間の短縮や外出自粛の影響を受け、衣料品を中心に販売の低迷が続いている。昨年同月も新型コロナウイルスの感染拡大に伴う売り上げ減少が出始めていたことから、落ち込み幅は前月に比べて小さかった。

大丸松坂屋百貨店は8.3%減、高島屋は5.5%減、三越伊勢丹は7.2%減、そごう・西武が11.0%減、エイチ・ツー・オーリテイリングが11.6%減だった。

落ち込み幅が大きかったのが衣料品だ。大丸松坂屋百貨店はラグジュアリーブランドを除いた婦人服が27.2%減、高島屋は17%減。一方で、ラグジュアリーブランドや美術品は富裕層の需要をつかみ前年実績を上回った。

免税売上高は大丸松坂屋百貨店は70%減、高島屋は46.9%減、三越伊勢丹は72%減だった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン