/

この記事は会員限定です

マースクなど海運、相次ぎ減便解消 コロナで荷量急増

[有料会員限定]

世界のコンテナ船大手が運航規模を新型コロナウイルスの流行前の水準に戻している。最大手A・P・モラー・マースク(デンマーク)などは、夏まで計画比1~2割の減便を行っていた。米国の巣ごもり需要や在庫調整による旺盛な貨物需要で、運賃は記録的な高値圏にある。船員の特別機による移動など感染防止に配慮しながら減便を解消した。

マースクと世界2位のMSC(スイス)のアライアンス「2M」は、アジア―北欧州航路で既...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1673文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン