/

この記事は会員限定です

三菱商事、ベトナム石炭火力巡り市場と政府の板挟み

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

三菱商事などがベトナムで計画する石炭火力発電所建設「ブンアン2」に対し、欧州の投資家連合が撤退要求を突きつけた。この計画は日本とベトナム政府が契約に向け協議する「国策案件」だが、世界的なESG(環境・社会・企業統治)の流れの中で市場と政府の板挟みになっている。

「計画撤退を要請する」――。欧州を中心とする21の投資家連合は10月、ブンアン2の建設計画に関わる12社に書簡を送った。うち8社が三菱商事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン