/

この記事は会員限定です

米中、環境対策で対話生まれ得る 三井物産社長

そこが知りたい「2021の針路」(2)

[有料会員限定]

2021年、米国で民主党のバイデン氏が新大統領に就任する。トランプ政権では覇権を巡り米中対立が激化したが、世界貿易を巡る環境はどう変化するのか。日本企業はどう対応すべきか。三井物産の安永竜夫社長に聞いた。

――バイデン氏の米大統領就任で貿易環境はどう変わりますか。

「パリ協定や世界保健機関(WHO)など国際的な枠組みへの回帰を選挙公約にしていたので多国間の協調路線に米国が復帰することを期待している。環太平...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バイデン次期政権

アメリカの「バイデン政権」に関する最新ニュースを紹介します。その他、日米関係や米中対立、安全保障問題なども詳しく伝えます。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン