/

この記事は会員限定です

ディスプレー投資にコロナの影、20年27%減 米社予測

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる技術者の渡航制限でディスプレー業界の設備投資が遅れている。米調査会社DSCCの予測によれば、業界全体の投資額(製造装置の設置ベース)は2020年に112億ドル(約1兆1600億円)と、前年を27%下回る見通しだ。在宅需要が高まるディスプレーの供給に影響しそうだ。

ディスプレーの製造装置は高い精度が求められるため、日米に多い装置メーカーの技術者が顧客の工場に出張して設置作業を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り354文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン