/

この記事は会員限定です

救急医療、ITで負担減 現場から写真送り遠隔で助言

[有料会員限定]

電話などによる情報伝達が中心だった救急医療の現場をIT(情報技術)で効率化する動きが広がってきた。人工知能(AI)で搬送する病院の選択を支援したり、重症患者の治療をオンラインで助言したりする。救急出動の件数は増え続けており、現場を知る医師が立ち上げたスタートアップが負担軽減を競う。

「患部の状態はこうです」。千葉市内を走る救急車の車内。救急隊員はタブレット端末に患者の情報を入力し、患部の写真を送出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン