/

この記事は会員限定です

AI創薬、開発期間・コストが半分に

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

あらゆる産業に変革を迫る人工知能(AI)活用の流れが製薬業界にも波及する。製薬業界は今後どのように変わっていくのか。創薬AI開発に関する産官学連携コンソーシアム(共同事業体)の代表も務める京都大大学院教授の奥野恭史氏に見通しなどを聞いた。

製薬各社がAI活用を模索

医療用医薬品の研究開発(R&D)では一般的に9~16年の期間、数百億円から1000億円を超えるコストがかかるとされる。また新薬が生まれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2335文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン