/

この記事は会員限定です

「地形や災害、国情に合う電源構成を」飯島彰己氏

第4の革命カーボンゼロ 三井物産会長

[有料会員限定]

菅義偉首相が所信表明演説で2050年の温暖化ガス排出実質ゼロを掲げたがすごい決断だと驚いた。さらなる政策支援があれば、30年度に電源構成に占める再生可能エネルギーの比率は30%超くらいまではいけるのではないか。しかし、50年ゼロとなると次元が異なる。中国も60年に主要国並みにすると表明した。日本も先送りせずに覚悟を決めてやろうということだろう。

日本の環境問題への取り組みが遅れているという指摘があ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1110文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

第4の革命

世界がカーボンゼロを競い始めました。化石燃料で発展してきた人類史の歯車は逆回転し、エネルギーの主役も交代。農業、産業、情報に次ぐ「第4の革命」を追います。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン