/

この記事は会員限定です

ローソン、AIで仕入れ誤差を3割改善 食品ロス削減へ

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

ローソンはおにぎりやサンドイッチなどの食品を対象に、人工知能(AI)を使った仕入れ数の予測を始めた。これまでは担当者の経験に頼っていたが、実際の需要との誤差が3割程度改善する見通し。ローソンは2030年までに店舗での食品ロスの半減を目指している。より川上の生産部門でも需要の予測精度を高め、無駄な食材の仕入れの削減につなげる。

米データロボット社のAIを使って11月末から本格運用を始めた。ローソンは全国の仕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1469文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン