/

この記事は会員限定です

ミャンマーが揺らす中国のレアアース戦略

編集委員 川瀬憲司

[有料会員限定]

電気自動車(EV)や風力発電装置、ミサイル防衛システムなど、ハイテク分野を中心とする幅広い製品に欠かせないレアアース(希土類)。中国は最大の生産国で、経済外交の有力な武器として活用してきた。

そんなレアアース大国の急所といえるのがミャンマーだ。2月1日に発生したクーデターが、そこに光を当てた。

中国のレアアース関係者の多くが今回のクーデターを機に思い起こしたのがいわゆる「ミャンマー事件」。2018...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン