/

この記事は会員限定です

「日本が旗振り役に」「電源構成、国情踏まえ」私の見方

第4の革命 カーボンゼロ

[有料会員限定]

「排出ゼロ、日本が再び旗振り役に」メアリー・ロビンソン元アイルランド大統領

最近、各国政府が相次ぎ二酸化炭素(CO2)の排出を「実質ゼロ」にすると表明した。気候変動対策に勢いを与えている。2021年の早い時期に世界経済の約70%がゼロ目標を掲げることになるだろう。

政治家は「これで気候変動問題は解決した」と安心してはいけない。長期目標は重要だが、十分ではない。ネットゼロ達成の軌道に乗るには、緊急に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン