/

岸田内閣の支持率、なぜ最高に?

2022年5月30日の日本経済新聞朝刊1面に「内閣支持66%、発足後最高」という記事がありました。日本経済新聞社とテレビ東京が実施した世論調査で、岸田文雄内閣の支持率は66%と、21年10月の発足後最高となりました。なにが評価されているのでしょうか。

ここが気になる

中国を念頭に抑止力の強化を確認したバイデン米大統領との首脳会談や、ロシアのウクライナ侵攻への対応はいずれも「評価する」が60%を超えました。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いていることや、外交や安全保障での取り組みが支持率を支えたとみられます。

一方で、資源の高騰やウクライナ情勢による物価高への政府・与党の対策は「評価しない」が61%にのぼりました。対策を盛り込んだ22年度補正予算案は31日にも成立する見通しです。ガソリンや灯油への補助金給付を延長する6~9月分の経費などに1兆1739億円を使います。

夏の参院選で投票したい政党や投票したい候補者がいる政党では、もっとも多かった回答が自民党の50%。2位に日本維新の会(8%)、3位に立憲民主党(7%)が続きます。「まだ決めていない」と「いえない・わからない」と回答した人は計2割を超えており、参院選に向けてどの政党が支持を広げるかに注目が集まります。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。
この記事をまとめた人:古沢健
2019年入社。食品メーカーの取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。コロナで途切れたキャンパス文化をつないでいこうと、大学や学生がイベントなどを催しています。母校の部活やサークルに顔を出すと活動制限による悩みを耳にすることが多いので、自分にもなにか恩返しできることがないかと考えてしまいます。
新社会人応援コンテンツ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン