/

ロシア国債・社会主義ラオス・ブラジル国営石油

編集者が選ぶニュース3本

ロシア国債が事実上のデフォルト(債務不履行)の扱いになりました。デフォルトといえば、通常、財政が悪化し、支払い期日に元利を支払えない場合に認定されます。ロシアの場合、外貨準備は豊富で、支払う意思も能力もあるにもかかわらず、ウクライナ侵攻の制裁でドルやユーロ決済の道を閉ざされたために起きた特殊なケースといえます。国際資本市場からロシアを締め出す欧米の意図が明確です。(ニュース・エディター 発田真人)

ロシア国債「デフォルトに該当」 ムーディーズが見解

【シントラ=篠崎健太】米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは27日、5月27日が支払期日だった2本のロシアの外貨建て国債について「デフォルト(債務不履行)に該当する」との見解を表明した。発行時の条件に基づく利払いが…続きはこちら

デフォルト迫る社会主義ラオス SNSで政府批判強まる

【バンコク=マルワーン・マカンマルカール】言論を厳格に統制してきた社会主義国ラオスで、政府の経済政策を巡る国民の批判がSNS(交流サイト)で目立ってきた。中国などからの過剰債務で通貨が下落し、燃料不足や食料品価格の高騰が起こってい…続きはこちら

ブラジル国営石油、CEOに経済省幹部 政府が影響力行使

【サンパウロ=宮本英威】ブラジルの国営石油会社ペトロブラスは27日、経済省幹部のカイオ・パエスジアンドラジ氏を最高経営責任者(CEO)に選出したと発表した。ボルソナロ大統領は同社による燃料価格の引き上げに不満を抱えている。人事への影…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン