/

ワクチン生産とは 各国の企業に技術移管

きょうのことば

ワクチン生産 アストラゼネカのワクチンの日本での量産については、JCRファーマが持つ細胞培養向けの大型タンクなどの設備が貢献する。JCRファーマの作った原液を容器に充填する作業なども第一三共のインフルエンザワクチンの製造ノウハウなどが生きている。

アストラゼネカは日本以外でも欧米やインドなど世界15カ国以上で新型コロナワクチンを製造し、合計30億回分の生産能力を確保した。日本同様にアストラゼネカから技術移管を受けた現地のパートナー企業が製造を担う。生産を他社に委託することで迅速に供給体制を整えるのがねらいだ。現地企業の既存設備を活用することで生産コストの低減にもつながる。

欧州連合(EU)の内部資料によるとアストラゼネカのワクチン価格は1回当たり1.78ユーロ(約224円)。新興国など所得水準の低い国での普及も期待できる。世界的にワクチン争奪戦が激化する可能性もあり、生産の現地化は各国の供給不安への対応策としても有効だ。ただ、現地企業の技術力次第で、国によってワクチンの供給スピードに差が出る可能性もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン