/

アジア各国、経済回復へどう協力?

2022年5月27日の日本経済新聞朝刊1面に首相「アジア発の新秩序を」という記事がありました。26日に開幕した国際交流会議「アジアの未来」では、アジアの政治・経済について各国首脳らが議論しました。ウクライナ情勢や新型コロナウイルスで影響を受けた経済の回復へ向け、アジア各国はどう協力していくのでしょうか。

ここが気になる

岸田文雄首相は「アジアの未来」の晩さん会で演説しました。日米韓やインドなど13カ国によるインド太平洋経済枠組み(IPEF)の始動に言及し、環太平洋経済連携協定(TPP)を離脱した米国について「インド太平洋地域への経済的関与を再び明確にした意義は大きい」と話しました。

アジア各国の首脳からは、サプライチェーン(供給網)の修復で各国が協力すべきだとの意見が相次ぎました。マレーシアのイスマイルサブリ首相は「アジアのリーダーらは、供給網の回復力を強める必要がある」と訴えました。同国はロックダウン(都市封鎖)で一部の工場が停止し、世界の自動車生産の混乱を招きました。

中国の都市封鎖で部品供給に影響が生じているベトナムは「貿易、投資、供給網の確保のため二国間でも多国間でも協力を進めるべきだ」と主張。タイのプラユット首相は「経済成長や持続可能な開発には、多国間システムが不可欠だ」と述べました。世界情勢の先行きが見通せない中、アジア地域間の連携が一段と重要になりそうです。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。
この記事をまとめた人:佐藤海夢
2017年入社。警察取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。18年に閉店した名古屋・栄の百貨店「丸栄」の跡地にできた後継店に、飲食フロアがオープンしたそうです。高校時代に通った「丸栄」がどう変化していくのか、地元民として期待しています。
新社会人応援コンテンツ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン