/

医療の仕事、なぜ職種超え「シェア」?

2022年5月26日の日本経済新聞朝刊1面に「薬剤師、看護の仕事も」という記事がありました。政府の規制改革推進会議は、職種を超えて医療従事者の仕事を分担する「タスクシェア」を促します。背景には何があるのでしょうか。

ここが気になる

規制改革推進会議は、日本の企業や医療などの生産性を高めるため、規制の緩和を議論する組織です。首相が専門家や識者に意見を求める「諮問」に応じ、古い規制をなくしたり見直したりします。今回は医療・介護分野について約70項目に及ぶ改革案を出す方向です。

その中に含まれているのが、在宅医療の現場での改革案です。現在患者宅では看護師が点滴の薬剤を充塡・交換したり、床ずれに薬を塗ったりすることが多くあります。こうした仕事を薬剤師らが代わりにできないか、厚生労働省などと検討を始めます。医療従事者の仕事は法律などに基づき細かく定められていて、患者のニーズに合わないとの指摘がありました。

看護師や介護士など職種の異なる人が仕事を分担するタスクシェアや、一部を移管する「タスクシフト」は海外の医療現場で進んでいます。新型コロナウイルス禍の中、日本では医療の効率の悪さが浮き彫りになりました。改革は急務ですが、医療は業界団体の抵抗も多い分野です。真の患者本位へ、政府の改革実行力が問われます。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。
この記事をまとめた人:近藤彰俊
2017年入社。機械メーカーの取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。高松市は廃棄された讃岐うどんをバイオマス発電に使う実験をします。うどんかそばなら自分はうどん派なので、おいしい讃岐うどんを本場で食べてみたいです。
新社会人応援コンテンツ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン