/

パナソニックの新型EV電池、どこに強み?

2022年1月25日の日本経済新聞朝刊1面に「EV航続距離、最長水準」という記事がありました。パナソニックが電気自動車(EV)用の新型リチウムイオン電池を23年にも量産します。従来の電池と比べてどこに強みがあるのでしょうか。

ここが気になる

EV普及を阻む課題の1つが1回の充電で走れる距離の短さです。走行距離を決めるのは車載電池という部品で、EVコスト全体の3割を占めます。パナソニックの新型電池は走行距離を2割長くでき、重量あたりで世界最長水準になるとみられています。800億円前後を投じて和歌山工場に建屋を増設し、量産設備を導入します。

材料や製造工程を見直して電池の直径を2倍、容量を5倍に増やします。生産を効率化できるため、容量あたりのコストも1~2割下がる見通しです。まずアメリカのテスラに供給し、仮に同社の高級セダン「モデルS」に搭載されれば、1回の充電で走る距離は現在の650キロメートルから750キロメートルに伸びる計算です。

EV電池の開発競争は激しくなっています。最大のシェアを持つ中国CATLや2位の韓国LGは足元で投資に力を入れます。日本でもトヨタが30年までに2兆円規模を投資します。3位のパナソニックはテスラへの電池の独占供給をCATLとLG化学に崩され、シェアを落とした経緯があります。今回の新型電池で巻き返しを狙います。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。週末は1週間のニュースを振り返る動画を配信しています。
この記事をまとめた人:前田尚歩
2016年入社。日銀・金融市場の取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。ビットコインが最高値から半値に下がっています。昔、先輩記者が「ビットコインで1週間生活」に挑戦し、電車や自販機を使えず大苦戦していました。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン