/

米大統領、アルメニア人虐殺認定 トルコは反発

【ワシントン、イスタンブール時事】バイデン米大統領は24日、第1次大戦中の1915年から数年にわたりオスマン帝国で起きたとされる「アルメニア人虐殺」について、「ジェノサイド(集団虐殺)」だったと認定した。帝国の後継国家トルコはジェノサイドを否定しており、共に北大西洋条約機構(NATO)加盟国である米トルコ関係の緊張は避けられないとみられる。

バイデン氏は24日の「アルメニア人追悼記念日」に合わせた声明で、「オスマン帝国時代のアルメニア人ジェノサイドで失われたすべての命を忘れず、そうした残虐行為の再発防止に努める」と記した。トルコのチャブシオール外相はツイッターで「声明を完全に拒絶する」と述べた。

バイデン氏とトルコのエルドアン大統領は23日の電話会談で、6月のNATO首脳会議に合わせた首脳会談開催で合意。ロイター通信などは、バイデン氏が電話会談でジェノサイド認定の意向を伝達したと報じていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン