/

エンゼルスが球団売却を中止 大リーグ、大谷翔平が所属

【ロサンゼルス=共同】米大リーグで大谷翔平が所属するエンゼルスは23日、昨夏から検討していた球団売却に関し、2023年シーズン以降も現オーナーのモレノ氏が保有を続けると発表した。「予備調査」を終了した段階での結論としている。

「われわれにはやり残した仕事がある。売却に向けた交渉の過程でわれわれの心はまだエンゼルスとともにあることに気づいた」などとするモレノ氏のコメントを発表した。エンゼルスは、2014年を最後にプレーオフから遠ざかるなど低迷が続いており、昨年8月に売却手続きを開始すると発表していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

大谷翔平

大谷翔平の試合結果や個人成績、コラムをまとめました。大リーグ・エンゼルスでの投打二刀流の活躍のニュースを楽しめます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません