/

台風15号で線状降水帯 東海道新幹線23日の運転取りやめ

(更新)

高知県・室戸岬の南の海上で23日、台風15号が発生し、西日本と東日本の太平洋側に接近した。気象庁によると、静岡県牧之原市の静岡空港で1時間に観測史上最多となる110.0ミリの猛烈な雨が降った。台風は東寄りに進む見通しで、3連休は広範囲で大雨の恐れがある。気象庁は土砂災害や浸水、河川の氾濫に警戒を呼びかけた。

23日は静岡県を中心に東海で大雨となり、愛知県と静岡県で線状降水帯が確認された。気象レーダーの解析では静岡県の各地で1時間当たり110ミリ以上が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が相次いで出された。浜松市は、川の水位が上昇したとして、最高の警戒レベル5に相当する避難情報「緊急安全確保」を発表した。三重県志摩市では78.0ミリ、愛知県田原市で73.0ミリが降った。

JR東海によると、東海道新幹線は午後、静岡―豊橋(愛知県豊橋市)間で雨量が規制値に達したため上下線で運転を見合わせた。同社は23日夜、同日の運転を中止すると発表した。

台風は24日午前0時現在、浜松市の南南西約180キロを時速約20キロで北東へ進んだ。中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心から半径185キロ以内は風速15メートル以上の強風域。25日朝までに関東の東で温帯低気圧に変わる見通し。

前線が通過するため、北日本や東日本の日本海側でも大雨となる見込み。24日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で東海250ミリ、関東甲信180ミリ、北海道150ミリ、北陸100ミリ、近畿80ミリ。その後の24時間は関東甲信50~100ミリ。

政府は23日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

またフィリピンの東にある熱帯低気圧が23日、台風16号に変わった。西に向かい、日本への直接の影響はない見通し。〔共同〕

最新の社会ニュース・コラム・調査報道

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン