/

新潟三条・久慈の新電力・コロンビア

編集者が選ぶニュース3本

新潟の燕三条地域といえば、輸出用の洋食器・刃物で知られ、1985年秋のプラザ合意で加速した円高局面で空洞化懸念が叫ばれたのを記憶している方も多いのではないでしょうか。発表直前まで1ドル=235円あった円相場は瞬く間に上昇し、翌年には150円台になりました。あれから40年近くがたちました。伝統はしっかり引き継がれているようです。ものづくりの街の変革史も知りたくなりました。(ニュース・エディター 発田真人)

新潟・三条の諏訪田製作所、ベルギーに爪切りの直販店

爪切りや園芸用はさみなどを製造する諏訪田製作所(新潟県三条市)は、ベルギーのブリュッセルに直営店を出店する。燕三条地域をはじめとした日本の伝統工芸品を販売する。ブリュッセルには欧州連合(EU)本部があり、日本の魅力を押し出すこと…続きはこちら

岩手・久慈の新電力、脱「卸電力市場」で安定経営狙う

エネルギーの地産地消を目指す新電力の久慈地域エネルギー(岩手県久慈市)が、脱「卸電力市場」を進めている。自立・分散型の太陽光発電事業に参入したほか、電力会社以外の電源提供業者との直接契約に切り替えた。卸電力の高騰で撤退する新電力…続きはこちら

コロンビアで通貨・株が下落 次期大統領に左派選出で

【サンパウロ=宮本英威】南米コロンビアで経済の先行きへの懸念が強まっている。通貨ペソは21日に対ドルで一時、前週末に比べて5%ほど下落し、株価は終値で4%弱下がった。19日の大統領選決選投票で、左派のグスタボ・ペトロ元ボゴタ市長…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン