/

Netflix株急落・Amazon実店舗・人類滅亡へ「100秒」

編集者が選ぶニュース3本

コロナとの共生を見据えて、「巣ごもり需要」は逆回転を始めるのでしょうか。米ネットフリックスが発表した決算は増収増益でしたが、会員の純増数が予想の850万人にわずか20万人あまり届かなかったことから株価が急落。米ハイテク株全体の下げにつながりました。一方、アマゾン・ドット・コムは米でアパレルの実店舗を今年後半に初めて出店すると発表しました。今後はリアルの世界でも、デジタルの巨人の存在感が高まりそうです。(編集特命担当 宮東治彦)

Netflix株急落 会員増、10〜12月820万人も予想届かず

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ネットフリックスが20日発表した2021年10〜12月期決算は売上高が前年同期比16%増の77億931万ドル(約8800億円)となり、四半期ベースで過去最高を更新した。純利益は同12%増の6億742万ドル。3カ月間の会員の…続きはこちら

Amazon、米で初のアパレル実店舗 22年後半に

【ニューヨーク=河内真帆】米アマゾン・ドット・コムは20日、衣料品を販売する初の実店舗を2022年後半にロサンゼルス市郊外に出店すると発表した。試着室のスクリーンで色違いを選びアプリで電子決済するなど最新のデジタル技術を導入する。…続きはこちら

人類滅亡へ「100秒」 終末時計、誤情報も脅威に

【ワシントン=共同】米誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は20日、人類への脅威を分析し、滅亡を午前0時に見立てた「終末時計」の残り時間を「100秒」と発表した。1947年の創設以来の最短時間を3年続けて維持。核兵…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン