/

世界の人口、なぜ減少に向かう?

2021年8月23日の日本経済新聞朝刊1面に「人類史 迫る初の減少」という記事がありました。世界の人口は爆発的な膨張が終わり、初めて下り坂に入ろうとしています。減少していく理由は何でしょうか。

ここが気になる

世界の人口は2064年の97億人をピークに減少する――。米ワシントン大が20年7月に発表した予測です。国連は「2100年に109億人となるまで増え続ける」と試算していましたが、減少ペースが速まっています。これまでも寒冷期や疫病で一時的に人口が減ることはありましたが、少子化が世界で予想以上に広がっているのです。

背景にあるのは女性の教育や社会進出が進んだことです。世界を見渡すと、女性1人が一生の間に産む子供の数(合計特殊出生率)は17年現在で2.4と、人口が増えなくなる2.1に迫っています。新型コロナウイルス禍による雇用や医療への不安も影響しており、米国の20年の出生数は361万人と41年ぶりの低水準でした。

人口が減ると働き手が減り、消費する人も減ってしまいます。これまで世界は、増え続ける人口を追い風に経済を成長させてきましたが、もはや通用しなくなります。今後は人工知能(AI)などのデジタル技術を活用し、生産性を引き上げて労働力不足を補うことが一層求められそうです。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。週末は1週間のニュースを振り返る動画を配信しています。
この記事をまとめた人:近藤彰俊
2017年入社。機械メーカーの取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。すかいらーくHDは今秋にも米国1号店を開業します。海外で日本の外食チェーンを見ると、異国の地で仲間に出会ったような安心感を覚えます。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン