/

国内線予約4割増・Apple在宅支援・リチウム最高値

編集者が選ぶニュース3本

「2年ぶりに新年を家族や友人と迎えたいとの声がある」(ANAの平子裕志社長)。巣ごもり一色だった1年前と違い、飛行機で旅行や帰省をしたいとの動きが戻りつつあります。ただし「国内・短期」の条件付き。むしろ海外は感染拡大懸念が再び強まっています。米企業のオフィス出社の再開は先延ばしです。米アップルは在宅勤務に支援金を払います。希少金属リチウムの高値は、電気自動車の蓄電池向けの需要拡大と、石炭火力削減に伴う生産の停滞が理由。まさに「グリーンフレーション」(Green+Inflation、環境配慮がもたらす物価高)の一断面です。(金融・市場ユニット長 藤田和明)

年末年始の国内線予約、20年度比4割増 コロナ前届かず

航空各社が17日に発表した2021年度の年末年始の国内線予約数は、20年度比4割増の288万4178人となった。新型コロナウイルスの新規感染者数が低水準で推移し、帰省や観光の需要が回復している。ただ、全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の大手…続きはこちら

米で出社再開延期の波 Appleは在宅支援へ11万円支給

【ニューヨーク=中山修志】米国の企業でオフィスの再開を遅らせる動きが広がっている。新型コロナウイルスの「オミクロン型」への懸念が広がるなか、アップルやフォード・モーターなどが2022年1月に予定していた本社勤務の従業員らの出社の延期…続きはこちら

リチウム最高値更新 生産停滞・EV需要急増で

電気自動車(EV)の蓄電池に使うバッテリーメタルの価格が高騰している。リチウム価格が過去最高値を更新したほか、コバルトも3年ぶりの高値圏にある。脱炭素に伴いEV向け需要が急増する一方、供給が追いついていない。供給が増えるのは来秋…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン