/

6G特許争い、激しさ増す理由は?

2021年9月17日の日本経済新聞朝刊1面に「6G特許、米・日と中国競う」という記事がありました。次世代高速通信「6G」の規格を巡り、中国とアメリカ・日本が特許で覇権争いをしています。競争が激しくなるのはなぜでしょうか。

ここが気になる

6Gは5Gの10倍以上の高速通信が可能で、30年ごろの商用化が見込まれている無線通信規格です。自動運転や仮想現実(VR)など活用分野が広がります。中核となる技術の特許出願数を分析したところ、中国企業の特許が全体の40.3%に達していました。2位の米国勢は35.2%、3位の日本勢は9.9%でした。

中国は基地局や人工衛星などインフラ系に強みを持ち、米国はソフト系で優位に立っています。日本は光技術で巻き返しを狙っています。単純比較はできませんが、5G特許に比べると米中両国はシェアを上げており、両国の競争が激しくなっています。日本は5G、6Gとも1割程度を維持していました。

争いが激しくなっているのは、関連特許を多く持つほどルール整備で有利になるからです。ファーウェイへの制裁を続ける米国は、6Gの国際的な規格づくりで中国の存在感を薄めたい考えです。ただ国連の専門機関幹部からは「中国だけを排除して議論するのは難しい」との声も聞かれます。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。週末は1週間のニュースを振り返る動画を配信しています。
この記事をまとめた人:近藤彰俊
2017年入社。機械メーカーの取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。七味唐辛子の老舗、長野の八幡屋礒五郎はカレー味のふりかけを発売します。昨年の自粛期間に始めた趣味のカレー作り。「おいしい」と食べてもらえるのがうれしく、味の研究は続いています。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン