/

ウクライナ侵攻ならロシアに対抗措置 米EU外相電話会談

【ワシントン=共同】ブリンケン米国務長官は15日、欧州連合(EU)の外相に当たるボレル外交安全保障上級代表と電話会談し、ロシア軍がウクライナ国境周辺で部隊を増強している問題を協議した。ロシアがウクライナ侵攻への動きを強めた場合、米欧が連携して強力な対抗措置を取ることを確認した。国務省が発表した。

バイデン米政権は14日、ロシアが工作員をウクライナ東部に送り込んだと非難。侵攻に向けた動きの恐れがあると警戒を強めている。ブリンケン氏と北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は14日の電話会談で、ロシアに緊張緩和を求めることで一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン