/

中国軍関与の国際先端研究473件、何が狙い?

2022年6月16日の日本経済新聞朝刊1面に「中国軍関与、先端研究473件」という記事がありました。世界最大規模の論文データベースを解析したところ、中国の人民解放軍関係者が日米欧の研究者に接近している実態がわかってきました。中国軍の狙いは何なのでしょうか。

ここが気になる

オーストラリア政府が公表する「機微技術リスト」を対象に計8500万件超の文献データを精査したところ、中国軍の関連組織が海外の研究者と共同執筆した論文は約4万5千件もありました。その中で軍事転用リスクが高い機微技術をテーマにした論文は過去5年で473件にのぼります。極超音速にまつわる共著論文が188件と最多でした。

一例として西安科技大や豪ニューサウスウェールズ大などが2020年に発表した極超音速機のレーダー送信に関する論文があげられます。この論文ではめざす場所に寸分の狂いなく飛行体を導く技術を論じていますが、スペースシャトルなど大気圏に突入する宇宙船といった民生技術にはレーダーによる誘導は必ずしも必要とはされません。

研究には中国国有の軍需企業2社が加わっており、大学から参加した准教授は中国空軍の訓練機関と類似する共同研究も手がけていました。また日本で活動していた中国人研究者が、帰国後に無人航空機の軍事研究に関与していた可能性も浮上しています。アカデミアの世界に伸びる中国の食指。日本も無関係ではいられません。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。
この記事をまとめた人:神戸優平
2017年入社。現在は電子版と紙面の編集を担当。フリーズドライの納豆をパウダー状に加工したペット用のふりかけが販売されているそうです。味にうるさいわが家の猫にも買ってあげようかと思います。
新社会人応援コンテンツ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン