/

国家公務員・地銀の海外運用・理工系学部拡充

編集者が選ぶニュース3本

「日本株式会社」を支える国家公務員の3分の1以上が非常勤となっています。デジタル化など課題は増えるのに正規の職員は増えず、非常勤を増やして対応しているからです。民間活用など効率良く政策運営することが必要です。地銀の海外運用の含み損が1兆円を超えました。これはリーマン危機前夜の水準です。米金利上昇など世界の市場混乱が財務に影を落としています。(総合編集センター長 泉慎一)

国家公務員、3人に1人が非常勤 組織いびつさに拍車

日本の行政を担う国家公務員の境遇がなかなか改善されない。裁量の低下や際限のない業務拡大、減らない残業――。実務を担う人手不足も相まって基盤が揺らいでいる。悪循環を断ち切っていかに効率の良い政策運営につなげるか。現状と課題…続きはこちら

地銀の海外・投信運用、含み損1兆円に 3月末から6倍

米金利上昇など世界の市場混乱が地方銀行の財務に影を落とし始めた。全国99地銀が6月末時点で抱える主に外国有価証券や投資信託の含み損が1兆円を突破。3月末から6倍に急増した。日本国内の債券含み損も5千億円を超えた。株式の含み益で穴…続きはこちら

理工系学部拡充へ文科省が基金創設 成長分野の人材育成

デジタルや脱炭素といった成長分野の人材育成に向け、文部科学省は理工系学部の新設や拡充を支援する基金を2023年度にも創設する方針を固めた。1000億円以上の規模を目指し、早ければ秋に予定する臨時国会に関連法案を提出する見込み。学部の…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン