/

サイバー攻撃集団、「身代金」奪う手口は?

2022年5月16日の日本経済新聞朝刊1面に「『身代金』で100億円奪取」という記事がありました。ロシアとつながりが深いサイバー攻撃集団「Conti(コンティ)」は「ランサムウエア」と呼ばれるウイルスを使い、1年半で100億円相当の暗号資産を奪いました。「身代金」をどのように奪っているのでしょうか。

ここが気になる

コンティは「ランサムウエア」で企業などのシステムを攻撃し、回復させることと引き換えに暗号資産の支払いを求めます。仮想通貨ビットコインの645口座を活用して複雑に犯罪収益を移転し、捜査当局などによる追跡を逃れています。最も入金が多かった口座では、一度に10億円弱の入金が約2カ月間で複数回ありました。

一部の幹部メンバーの下、「人事」や「渉外・広報」など必要な機能をまるで会社組織のように分業しています。そのうえで、プログラミングなどのスキルを持つ数百人の実行メンバーが入れ替わり攻撃に参加します。報酬と引き換えにスキルを持つ外部の人材を犯罪に活用する闇ビジネスが確立されています。

コンティの活動はサイバー犯罪の氷山の一角で、21年のランサムウエアの攻撃数は世界で約6億2300万件と前年から2倍超になったとの調査もあります。トヨタ自動車の供給網が攻撃を受けて一時止まるなど被害は急速に広がっていますが、捜査活動は追いついていません。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。
この記事をまとめた人:古沢健
2019年入社。食品メーカーの取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。エンゼルスの大谷翔平選手が日本人最速でメジャー通算100本塁打に到達しました。私もメジャーでの活躍をリアルタイムで見ていた松井秀喜さんを大きく上回るペースとのことで、今後も我々の予想を超える活躍を見せてくれることを楽しみにしています。
新社会人応援コンテンツ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン