/

QUICK・日経、ミンカブと資本業務提携 金融情報で

金融情報サービスのQUICKと日本経済新聞社は14日、ミンカブ・ジ・インフォノイドと資本業務提携したと発表した。ミンカブが実施する第三者割当増資をQUICK、日経が引き受ける。3社はそれぞれが持つコンテンツやデータ、技術を連携し、個人の資産形成に役立つ情報サービスや金融機関向けのソリューション事業を共同で開発、運営する。

出資額はQUICKが20億円、日本経済新聞社が15億円。出資比率はそれぞれ4.14%、3.10%になる。

QUICKは2020年9月にミンカブと業務提携し、証券会社向けの販売支援サービスなどで協業を進めてきた。一段の連携強化に向けてQUICKがミンカブに出資するのを機に日経も提携に加わり、資産形成情報サービスやAI(人工知能)による企業業績予想データの開発などに協力関係を広げる。

ミンカブは資産形成情報メディア「MINKABU(みんかぶ)」や株式情報メディア「Kabutan(株探)」など投資家向け金融情報メディアを展開。ネット証券や金融機関向けの情報配信事業にも注力している。

大手証券を中心とするQUICKの顧客基盤とミンカブの開発力、日経のコンテンツを融合し、資産形成に関心のある個人や金融・経済情報を求める法人顧客の獲得をねらう。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン