/

米沿岸警備隊・タイバーツ安値・教員の長時間労働

編集者が選ぶニュース3本

米国が東南アジア諸国の海上警備訓練に乗り出します。軍事衝突にならない範囲でゆっくりと南シナ海を実効支配する「グレーゾーン戦略」を展開する中国に対抗するため、米沿岸警備隊を関与させます。中国の「ゼロコロナ」政策のあおりがタイに飛び火、通貨バーツが対ドルで下落しています。(特命担当 八木谷勝美)

米沿岸警備隊も対中国強化 ASEAN訓練へ80億円

【ワシントン=中村亮】米国の沿岸警備隊が南シナ海の実効支配を進める中国への対処を加速する。6000万ドル(約80億円)を使い、東南アジア諸国の海上警備当局への訓練を強化し、巡視船の供与先では東南アジアを最優先する。米軍に続き、アジア…続きはこちら

タイバーツ、対ドル5年ぶり安値 中国観光客期待できず

タイの通貨バーツが対ドルで下落している。13日の外国為替市場では一時1ドル=34.7バーツ台と2017年5月以来の安値を付けた。主力の観光産業で、新型コロナウイルスの感染拡大を徹底して封じ込める「ゼロコロナ」政策をとる中国からの観光…続きはこちら

勤務時間を過少申告 教員の17%、管理職から求められ

教員の働き方の改善が課題になる中、名古屋大教授らが13日、長時間労働に関する調査結果を公表した。公立小中学校の教員の17%が「勤務時間を少なく書き換えるよう求められた」と回答した。残業の長い教員ほど準備不足で授業に臨む傾向があると…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン