/

藤井聡太五冠、富士山に例えると今は「森林限界の手前」

(更新)

将棋界最年少の19歳6カ月で五冠となった藤井聡太王将=竜王・王位・叡王・棋聖=(19)が13日、タイトル奪取から一夜明けて東京都立川市で記者会見し「改めて王将獲得の喜びを、実感を持って感じる」と語った。

今シリーズは四冠対三冠のトップ対決となり、注目を集めた。対戦相手の渡辺明二冠=名人・棋王=(37)とは、3タイトル戦を争い、全てを制した。4連勝した王将戦7番勝負については「中盤のバランスの取り方というか、距離の詰め方で渡辺二冠の強さを感じた」と振り返った。

また将棋を富士山に例えると、今は何合目を登っているイメージかとの質問に、「将棋は本当に奥が深いゲーム。どこが頂上か全く見えないので、(森林を形成できない境界線の)森林限界の手前というか、まだまだ上の方には行けていない」と答えた。

記念撮影ではケーキを模した風船を手にし、上部にあしらわれた「5」の数字を笑顔で指さした。

藤井王将は2021年度、自身最多の5タイトルを保持。羽生善治九段(51)の22歳10カ月を抜いて、最も若く五冠に輝いた。22年度は5タイトル防衛戦をこなしながら、王座戦、棋王戦で挑戦者を目指す。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

藤井聡太

将棋の藤井聡太五冠の対局結果・記録など最新ニュースと、特集・解説をまとめました。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン