/

丸井、「売らないテナント」なぜ増やす?

2021年7月13日の日本経済新聞朝刊1面に「丸井『売らないテナント』3割に」という記事がありました。丸井グループは2026年3月期までに、話題のネット通販企業などを誘致して「売らないテナント」を売り場面積の1割から3割に増やします。なぜでしょうか。

ここが気になる

丸井は「売らないテナント」で商品の説明をしたり試着・体験サービスを提供したりします。ネットでは得られない消費者の生の声を聞くことで、商品やサービス開発に生かします。オーダースーツを手掛ける「ファブリックトウキョウ」やフリマアプリのメルカリ、最新家電を体験できる「b8ta(ベータ)」などが既に入居しています。

コロナ禍でネット消費が拡大する中、ライバルであるネット企業を誘致し共存をめざします。店頭で品定めしてネットで最安値を探す「ショールーミング」が商業施設にとって打撃になっていた一方、ネット通販側もサイトの乱立で消費者の認知度をどう高めるかが課題でした。丸井は他店にないテナントをそろえ顧客を集めます。

丸井グループは自社クレジットカード「エポスカード」の決済手数料を中心としたフィンテック(金融関連)事業の営業利益が、20年3月期に小売事業の4倍でした。テナントのブランド名でつくる提携カードの利用を割引特典などで促し、決済手数料収入を増やす戦略です。商業施設は新たな事業モデルを模索しています。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。週末は1週間のニュースを振り返る動画を配信しています。
この記事をまとめた人:長谷美幸
2016年入社。電子版と紙面の編集を担当。近畿大学の学内接種で、学生の4割が新型コロナワクチンを接種しなかったそうです。先日、私の家にも自治体からワクチン接種のお便りが届き、どうしようか悩んでいます。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン