/

トヨタが日本企業で営業最高益、この先は?

2022年5月12日の日本経済新聞朝刊1面に「トヨタ営業益2.9兆円」という記事がありました。トヨタ自動車が発表した21年4月~22年3月の決算は、営業利益が36%増(20年4月~21年3月比)の2兆9956億円となり、国内企業で過去最高になりました。今後の業績をどう見通しているのでしょうか。

ここが気になる

営業利益とは、売上高から売上原価や販売管理費を差し引いた利益です。15年4月~16年3月の2兆8539億円を上回り、トヨタとして6年ぶりに過去最高を更新しました。欧米や国内で「ヤリスクロス」「RAV4」などのハイブリッド車種の売れ行きが伸びました。SUV(多目的スポーツ車)やミニバンといった単価が高い車も好調でした。

一方、22年4月~23年3月の営業利益見通しを20%減の2兆4000億円としました。ウクライナ情勢などに伴う原材料価格の高騰が響き、コストが1兆4500億円も膨らみます。為替レートの前提は保守的で、1ドル=115円を想定します。トヨタのように輸出比率の高い企業にとって、円安は利益の押し上げ要因になります。つまり、足元で130円前後の円安がこのまま続けば業績にはプラスに働きます。

収益引き上げに向け、今後の焦点になるのが新車への価格転嫁です。海外では価格引き上げに動いており、インドで4月からSUVなどを4%値上げしました。日本市場については、車種や地域を見極めながら値上げを模索する見込みです。電気自動車(EV)への投資なども課題となるなか、厳しい環境をどう乗り越えるかに注目が集まります。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。
この記事をまとめた人:横山龍太郎
2016年入社。大阪で自動車関連や医薬品、造船企業の取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。ルクア大阪が、様々なブランドの商品を一度に試着・購入できるアパレルコーナーを設置します。服のブランドにこれといった興味がない私にとっては、有益なサービスになりそうです。
新社会人応援コンテンツ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン