/

国内不動産に外資マネー、なぜ?

2022年8月12日の日本経済新聞朝刊1面に「外資、不動産買い攻勢」という記事がありました。外資企業が割安感の強まった日本の不動産買いに動いています。どんな背景があるのでしょうか。

ここが気になる

日本の商業用不動産のドル建て価格指数は、円安の影響で異例の低水準になりました。国土交通省の指数を基に、モルガン・スタンレーMUFG証券が算出したドル建て不動産価格指数は22年3月末時点で104.4と、リーマン・ショック後の低い水準に並びます。6月末時点の試算値は約93で、同社の調査で最低だった14年に迫る水準です。

香港系ファンドのガウ・キャピタル・パートナーズは今後2年で過去2年間の6倍超の最大5000億円を投じる方針を示しています。米ニューヨークのマンハッタンや英ロンドンなどに比べて安定した収益を見込め、低金利で借り入れコストも低く、海外勢には魅力的な市場になっています。

一方、急激な売買の加速はマイナスの側面も。国内不動産大手ヒューリックの西浦三郎会長は「円安が支えとはいえ、ややバブルの印象を持つ」と実際の需要と離れた価格上昇を警戒します。円建て価格に上昇圧力がかかる可能性もあるなど、今後の国内での影響が注目されそうです。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。
この記事をまとめた人:佐藤未乃里
2017年入社。警察取材を経て、現在は電子版と紙面の編集を担当。

【私の注目記事】Disney+が米で4割値上げし、黒字化を急ぐそうです。世界中で人気を集め、豊富なコンテンツを持つディズニーの配信事業が赤字だということに驚きました。
新社会人応援コンテンツ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

朝刊1面を読もう

日本経済新聞が最も大切にしている「朝刊1面」のニュースをわかりやすく、アレンジしてお届けします。

なぜこのニュースが大切なのか、インパクトはどこまで及ぶのか。
学生、若手社会人向けにニュースの背景を読み解くポイントをお伝えします。


動画で解説 日経電子版活用法

経営コンサルタントの小宮一慶氏が電子版活用法を動画で解説。より深くニュースを読み解くヒントが満載です。
>>日経電子版 活用動画

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン