/

拘禁刑・薬局倒産・キャリア官僚試験前倒し

編集者が選ぶニュース3本

刑罰の種類が明治40年(1907年)の刑法制定以来、初めて変更されることになりそうです。刑務作業を義務とするかしないかで分かれていた懲役と禁錮が一本化され「拘禁刑」になります。報いを受けさせることよりも、更生と社会復帰をより大きな目的にするという理念の表れです。近年、増えている高齢受刑者のリハビリ、若年受刑者の学習指導にも力を入れます。世の中が変われば人が犯す罪も、それに見合う刑罰も変わるのは必然。115年ぶりの変更の行方を見守りたいと思います。(生活情報ユニット長 白木緑)

懲役・禁錮は「拘禁刑」 刑罰一本化、改正刑法近く成立

刑罰の懲役と禁錮を廃止し、「拘禁刑」に一本化する刑法などの改正案が10日、参院法務委員会で採決され、賛成多数で可決された。来週の本会議で可決・成立する見通し。懲役受刑者に科されていた刑務作業が義務でなくなり、改善更生に向けた指導…続きはこちら

薬局倒産が21年度に最多、負債額が倍増 淘汰加速

調剤薬局の倒産が急増している。2021年度の倒産件数は04年度以降で最多の23件だった。調剤薬局は個人経営や中小企業が大半で、病院近くに店を構える例が多い。新型コロナウイルスの感染拡大で病院での受診を控える動きが広がり、収入源である…続きはこちら

キャリア官僚試験1カ月前倒し 人事院、志望者減受け

人事院は10日、2021年度の年次報告書(公務員白書)を国会と内閣に提出した。毎年春に実施する国家公務員の総合職試験を1カ月前倒しすることや、試験会場を増やすことなどを打ち出した。22年度中に具体的な方針を示す。…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン