/

中国「最後の手段」・米国の半導体法・ビール系販売減

編集者が選ぶニュース3本

中国政府は10日発表した「台湾問題と新時代中国統一事業」と題する白書で、「やむを得ない状況で行われる最後の選択だ」としながらも、武力による台湾統一を辞さない従来の方針を改めて示しました。台湾は世界の半導体受託生産の6〜7割を担う製造拠点です。万が一有事となれば、世界の産業界も大きな打撃を受けます。米国は台湾支援を鮮明にする一方で、半導体の国内生産を増やし、台湾に依存しすぎるリスクを緩和しようとしています。しかし、脱台湾依存はコストなど効率性を犠牲にする動きでもあり、インフレの要因にもなります。(ニュース・エディター 発田真人)

中国政府、台湾への武力行使「最後の手段」

【北京=羽田野主】中国国務院(政府)で台湾政策を扱う台湾事務弁公室は10日、「台湾問題と新時代中国統一事業」と題する白書を発表した。武力による台湾統一を辞さない従来方針を示したうえで「やむを得ない状況で行われる最後の選択だ」と明…続きはこちら

米国「半導体法」成立の陰にインテル 復活は予断許さず

米国で半導体産業に巨額の補助金を投じる新法が9日に成立した。政府の産業への介入に慎重だった米国で、大きな政策転換を陰に日なたに後押ししてきたのがインテルだ。1年半にわたる法案をめぐる攻防は一段落するが、同社が一翼を担い米国が半導…続きはこちら

ビール系販売、大手4社の7月3%減 感染第7波で

キリンビール、アサヒビール、サントリー、サッポロビールのビール大手4社が10日発表した7月のビール系飲料の販売数量は、前年同月に比べ3%減った。前年同月を下回るのは3カ月ぶりとなる。…続きはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

編集者が選ぶ3本

日経の編集者が厳選したニュース3本を朝夕の2回(土・日・祝日は朝のみ)、まとめて紹介します。朝と夕方のニュースチェックにお役立てください。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン